ALISニュース

ALIS、ICO価格の10分の1の価格のプレセールについて

前回の記事で解説したICO価格の10分の1の価格でICO以前に3名の方にプレセールを行っていたのではないか?という疑問について、2019年2月25日のAMAでALIS運営から回答がありました。

AMAの動画はこちら

動画の時間:1時間2分

 

プレセールの疑問が浮上した詳しい経緯についてはこちらの記事を参照↓

あわせて読みたい
2019年2月25日ALIS AMA2/25(月)21時からYoutubeにてALIS AMAが開催されます。 https://twitter.com/ALIS_me...

 

プレセールについての質問と回答

匿名さん(アリスマン)からの質問

億ラビットさんの記事で、ICO前に1ETH=20000枚販売のプレセールがあった可能性が記載されていましたが、これは事実ですか?事実とすれば、どのような方がそれを購入し、取引していたのでしょうか?1/10で購入して全て売った方もいらっしゃるようですが。以前プレセールはやっていないとおっしゃっていたと思います。

ALIS運営からの回答

安CEO

今噂されている運営や運営の妻が購入したものではございません。結論としましてはICO時にICOを手伝ってくれた人にお支払いした報酬の一部となります。1ETH2万枚に関しては海外の協力者に手伝っていただいた際にお渡しした分となります。具体的な協力内容としては、当時自分達の英語がままならない中で、海外の方の信用を得るために相応の語学力が必要となっていました。そこで、英語コミュニティへの拡散やslackでのコミュニケーション(特にスキャムという疑いに対する返答など)、ドキュメントの英訳や書類の作成などを行っていただきました。

最初は大々的なプレセールを予定していましたが、参加者が多くなった場合に詐欺師かそうでないか見分けがつかないため行わないことにしました。ただ、手伝っていただいた以上協力者の3名には報酬をお渡しする必要があることと、その時点でスマートコントラクトを書き換えるリスクが大きいという判断を行いました。そこで、うまく活用する意味も込めてプレセールで実際のクラウドセールのテストを兼ねて、実際に協力者の3名に実際に購入するプロセスを行っていただき、コントラクトが正常に動くか、購入時の説明に不備がないかを確認しました。結論としましては、協力者への報酬となるので一般的なプレセールとは異なるものです。

石井CTO

補足すると我々はソースコードをオープンにしています。つまり、スマートコントラクトやEtherscanにログが全てのこります。何か後ろめたいことがあればそもそも公開をしていません。

 

結論として、あくまで報酬でありプレセールではないという見解でした。

 

ALIS運営の回答で生じた疑問

ぶっちゃけ、プレセールじゃん!というのが僕の正直な感想ですが、本件がプレセールであるか否かについては見解の水掛け論になってしまうので置いておきます。

しかし、今回のALISチームの回答で生じた疑問が2つあります。

・なぜ報酬がALISトークンで支払われたのか

・ICO販売予定価格の10分の1であることを伝えていたのか

なぜ報酬がALISトークンで支払われたのか

1つ目がなぜALISトークンで報酬が支払われたのかということです。

一般的な思考であれば、報酬はドルや日本円などの法定通貨や仮想通貨であればICOで集まる予定のETHの方が自然だと思います。

ALIS運営は、報酬の一部・・と言っているのでALISトークンの他にも法定通貨や仮想通貨を渡しているのかもしれません。

しかし、報酬を支払うのにあえてETHによる販売形式を取ったのは不自然に感じます。

クラウドセールのテストということですが、1人あたり約25万ALIS(=12.5ETH)もの大金でテストする必要があったのでしょうか?

協力者は、協力したにもかかわらず12.5ETH(当時約50万円)のリスクをわざわざとることがあるのでしょうか?

ICO販売予定価格の10分の1であることを伝えていたのか

2点目は、ICOで販売する予定価格の10分の1であるということを販売相手である協力者に事前に伝えて販売したのではないのかという疑問です。

僕が協力者なら、わざわざ12.5ETH(当時約50万円)のリスクをとることはしなと思います。

しかし、ICO販売予定価格の10分の1であるということが分かれば話は別です。

僕は購入できる限度枚数のALISをETHで購入するでしょう。

少なくともICOの時点で10倍の含み益。
取引所で販売が開始されすぐは、元本割れする可能性はまずないと判断するからです。

 

ALISISTAの再度説明を求める声

このようにALIS AMA後にコミュニティのDiscord内で行われた会話の中で、今回の説明では納得できなかったという声が多くありました。

Twitterでも同様の意見が多く散見され、多くのALISISTAが同様の意見を持っていることと思われます。

ALIS運営は、ALISコミュニティに再度説明する必要があるでしょう。

 

あわせて読みたい
2019年2月25日ALIS AMA2/25(月)21時からYoutubeにてALIS AMAが開催されます。 https://twitter.com/ALIS_me...